木寅神具店|職人(宮大工)のお店|大阪の神祭具店

社殿・神祭具・仏壇のことなら きとら神具店 大阪府東大阪市神田町20-14 神棚 お宮 社殿 神祭具 数珠 鳥居 箱宮 お神札 三宝 賽銭箱 御霊社 神檀 祖霊社 神道  大阪府東大阪市 近鉄奈良線瓢箪山駅すぐ
 072-987-9481
お問い合わせ

商品紹介

調度品

隋神像(1)

隋神像は、赤色が左側 黒色が右側です。
 
随身(ずいじん、ずいしん)とは、平安時代以降、貴族の外出時に警護のために随従した近衛府の官人(令外官)を指します。
 
日本の神道において、神を守る者として安置される随身姿の像のことも「随身」と言い、随神とも記されています。

門守神(かどもりのかみ)、看督長(かどのおさ)、矢大神・左大神とも言い、神社の門に於いて左右に随身(随神)が安置された門のことを「随身門」と呼ぶことがあります。
2015-03-31 09:37:28

隋神像(2)

隋神像は、赤色が左側 黒色が右側です。
 
随身(ずいじん、ずいしん)とは、平安時代以降、貴族の外出時に警護のために随従した近衛府の官人(令外官)を指します。
 
日本の神道において、神を守る者として安置される随身姿の像のことも「随身」と言い、随神とも記されています。

門守神(かどもりのかみ)、看督長(かどのおさ)、矢大神・左大神とも言い、神社の門に於いて左右に随身(随神)が安置された門のことを「随身門」と呼ぶことがあります。
2015-03-31 09:38:08

隋神像(3)

隋神像は、赤色が左側 黒色が右側です。
 
随身(ずいじん、ずいしん)とは、平安時代以降、貴族の外出時に警護のために随従した近衛府の官人(令外官)を指します。
 
日本の神道において、神を守る者として安置される随身姿の像のことも「随身」と言い、随神とも記されています。

門守神(かどもりのかみ)、看督長(かどのおさ)、矢大神・左大神とも言い、神社の門に於いて左右に随身(随神)が安置された門のことを「随身門」と呼ぶことがあります。
2015-03-31 09:38:38
1
2018.11.13 Tuesday